臨床心理士を国家資格にした場合の監督官庁をどこがなるか問題

臨床心理士の国家資格の法制化をすべきかが討論されています。臨床心理士とは、臨床心理学の知識や技術を用いて心に関する問題を取り扱う「心の専門家」をいいます。臨床心理士の需要はとても高く様々な領域で活躍をしています。たとえば、教育(教育センターなど)、医療・保健(リハビリテーションなど)、福祉(高齢者福祉施設など)、司法(刑務所など)、開業(カウンセリングセンターなど)、産業(企業内の健康相談室など)などの領域で働いています。



現在、臨床心理士と認定されるには1990年文部省(現・文部科学省)認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。受験するためには指定の大学院(第一種指定大学院)の修了や、指定の大学院(第二種指定大学院)の修了後1年以上の心理臨床経験がある人などの受験資格が必要となります。臨床心理士資格試験は、例年6、7割程度の方が合格している民間資格です。



この日本臨床心理士資格認定協会が臨床心理士を民間資格から国家資格への法制化に向けて、現在活動しています。臨床心理士資格の国家資格法制化がされると、国民の生活に重大な影響がある心の専門家の認定を国の責任で厳格に行うこととなります。そうなると、資質の高い心の専門家である臨床心理士の養成と確保ができることとなり、国民の期待と権利保護に応えることができると考えられるからです。



しかし、臨床心理士資格の国家資格試験への法制化はなかなか実現していません。まず問題なのは、臨床心理士を国家資格にした場合の監督官庁をどこがなるかです。というのは、臨床心理士は医療も教育も司法などさまざまな分野で活躍しているからです。横断的な領域に渡る資格なので監督官庁を決めるのが大変むずかしいのです。また、臨床心理士が国家資格になった場合に、既存の臨床心理士資格保有者の処遇も問題となっています。単純に国家資格保有者にすると、他の民間保有者に不公平感が生じるからです。さらに、臨床心理士側の国家資格になったときの医師と同等の立場を要求する意見が医師側から反発を招いているのです。






臨床心理士の需要はとても高く様々な領域で活躍をしています

臨床心理士の国家資格の法制化をすべきかが討論されています。臨床心理士とは、臨床心理学の知識や技術を用いて心に関する問題を取り扱う「心の専門家」をいいます。臨床心理士の需要はとても高く様々な領域で活躍をしています。たとえば、教育(教育相談所など)、医療・保健(保健所など)、福祉(児童福祉相談所など)、司法(家庭裁判所など)、矯正・保護(少年院など)、産業(企業内の健康管理室など)などの領域で働いています。



現在、臨床心理士の資格を得るには、日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。日本臨床心理士資格認定協会は、1990年に文部省(現・文部科学省)から財団法人として認可された団体です。まず臨床心理士資格試験は、基本的には指定の大学院の修士課程を修了すると受験資格が得られる、かなり難しい民間資格です。この臨床心理士資格の試験合格率は、例年6、7割程度です。



この臨床心理士資格試験を実施機関である日本臨床心理士資格認定協会が臨床心理士の国家資格化に向けて現在動います。というのは、心の問題に対してケアを適切に行うことができる資質能力を担保し、公証するために臨床心理職の国家資格を創設し、国民の期待に応えることができる資質の高い専門家の養成と確保が必要です。そのためには現在の民間資格ではなく、他の多くの医療資格と同じように臨床心理士資格を国家資格とすべきだからです。



しかし、臨床心理士資格を国家資格への法制化の道は今だ実現していません。一番大きなのは、国家資格にした場合の監督官庁の問題です。というのは、臨床心理士は医療も教育も司法などさまざまな領域にも関係する心の専門家だからです。横断的な領域に渡る資格なので監督官庁を一本化するのが、現状では大変困難なのです。また、臨床心理士が国家資格になった場合の、既存の臨床心理士資格保有者をそのまま国家資格保有者にして良いかも問題です。さらに、国家資格になったときの医師との権限分配などをどうするかなど解決すべき多くの問題が残されているのです。







臨床心理士の国家資格の法制化をすべきかが議論されています

臨床心理士の国家資格の法制化をすべきかが議論されています。臨床心理士とは、臨床心理学の知識や技術を用いて心理的な問題を取り扱う「心の専門家」のことです。臨床心理士の需要は大変高く様々な分野で活躍をしています。一例をあげると、教育(学生相談室ーなど)、医療・保健(病院など)、福祉(児童福祉施設など)、司法(家庭裁判所など)、矯正・保護(少年院など)、産業(企業内の健康管理室など)などの分野で働いています。



現在、臨床心理士としての資格を得るには文部科学省認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。そして受験するためには指定の大学院(第一種指定大学院)の修了や、指定の大学院(第二種指定大学院)の修了後1年以上の心理臨床経験がある人など、かなり難しい受験資格が必要な民間資格なのです。臨床心理士資格の試験合格率は、例年6、7割といったところです。



この日本臨床心理士資格認定協会が臨床心理士の国家資格化に向けて、現在働きかけている段階なのです。国民の生活に重大な影響がある職種に対して国の責任で認定を行うのが、国家資格です。心のケアを適切に行うことができる資質能力を担保し、公証するために臨床心理職の国家資格を創設し、国民の期待に応えることができる資質の高い専門家の養成と確保が必要と考えられます。そのためには臨床心理士資格も民間資格ではなく、他の多くの医療資格と同じように国家資格とすべきだからです。



しかし、臨床心理士資格を国家資格への法制化の道はまだ険しいものがあります。というのは、臨床心理士は医療も教育も司法などさまざまな領域にも関係する心の専門家です。横断的な領域に渡る資格を監督するとなると、監督官庁も複数にまたがることになります。この複数の監督官庁を一本化することは日本の実情からは難しいのです。また、臨床心理士がそのまま国家資格になって、すでに「臨床心理士」を持っている人はスライドさせるべきかも問題となっています。心理の民間認定の資格が多くありますが、臨床心理士だけが民間資格がそのまま国家資格になると法の下の平等に反するからです。さらに、臨床心理士が国家資格になったときの医師との指揮命令をどうするかなど多くの問題があるのです。





臨床心理士の国家資格の法制化が問題

臨床心理士の国家資格の法制化が問題となっています。臨床心理士とは、心の問題について心理学的な方法を使ってアプローチする「心の専門家」です。現在、臨床心理士は、教育(スクールカウンセラーなど)、医療・保健(病院など)、福祉(児童福祉施設など)、司法(家庭裁判所など)、矯正・保護(少年院など)、産業(企業内の健康管理室など)など様々な領域で働いており、需要はとても高いものがあります。



現在、臨床心理士と認定されるには文部科学省認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。民間資格の1つです。受験するためには指定の大学院(第一種指定大学院)の修了や、指定の大学院(第二種指定大学院)の修了後1年以上の心理臨床経験がある人など、かなり難しい受験資格が必要です。資格試験の合格率は、例年6、7割といったところです。



この日本臨床心理士資格認定協会が臨床心理士の民間資格から国家資格化に向けて、現在働きかけています。臨床心理士資格が国家資格となると国民の生活に重大な影響がある職種に対して国の責任で認定を厳格に行うこととなります。そうなると、資質の高い心の専門家である臨床心理士の養成と確保ができ、国民の期待により一層応えることができると考えられるからです。また、臨床心理士の地位を向上させることになるからです。



しかし、臨床心理士の国家資格の法制化には、課題が山済みです。臨床心理士資格は医療も教育も司法や他の領域にも関係する心の専門資格です。しかし、現在の日本では、弁護士は法務省、医師は厚生労働省と関連する省庁が監督官庁となっています。横断的な資格となると監督官庁も複数にまたがります。この複数の監督官庁を一本化することは現在の実情からは難しいことなのです。また、臨床心理士がそのまま国家資格になって、すでに「臨床心理士」を持っている人はスライドすべきかも問題です。心理の民間認定の資格が多くある中で、特定の民間資格がそのまま国家資格になると法の下の平等に反することになるからです。他にも臨床心理士が国家資格になったときの医師との指揮命令系統をどうするかなど様々な問題が残されています。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。